株式会社ティー・ワイ(TY)ロゴマーク

TECHNICAL YIELD CO.,LTD.

Facebook
  1. ホーム
  2. TYマガジン
  3. 【動画あり】スノーブロワーのご紹介!(Bobcat アタッチメント)
173

【動画あり】スノーブロワーのご紹介!(Bobcat アタッチメント)

TY-MAGAZINE

Bobcatのアタッチメント「 スノーブロワー」の魅力を伝えるために紹介動画を作成しました。このアタッチメントがあれば、高く積もった雪山でも労力が削減でき、簡単に除雪することができます。

クリック(タッチ)で再生します

それでは動画の内容を、写真とテキストでさらに詳しく説明していきます。

アタッチメント本体

「スノーブロワー」本体

「スノーブロワー」は横幅がおよそ2,200mm。油圧で稼働するブレードは、固く締まった雪や氷でも簡単に粉砕し、吹き飛ばすことができます。

装着方法

車体へのアタッチメントの装着はとても簡単です。

アタッチメントに近付き、車体のレバーを差し込み、車内からボタン一つでアタッチメントをロックできます。

アタッチメントに近付きドッキング

車内にいながらロックをします

最後に、車外に出てケーブルを4本(油圧ケーブル、電気ケーブル等)を接続し、アタッチメントの装着が完了です。

ケーブル装着の様子

ブレードで砕いた雪を排出するシューター部は上下に稼働し、270度まで回転することができるので、好きな場所へ雪を吹き飛ばすことができます。

シューター部は270度まで回転が可能

また、ブームを上げることで、高く積みあがった雪山や、高所の除雪にも対応することができます。

ブームを上げることで高所の除雪も可能

実働!

それでは早速、現場に行って実際にスノーブロワーを動かしてみましょう!

冬の太陽光発電所の様子

今回作業をする現場は、約40cmの雪が積もっている状態の太陽光発電所場内。

40cmほどの雪が積もっている状況

人が歩くのも大変な積雪量ですが、太陽光パネルの前の除雪作業は欠かせません。今回アタッチメントを装着している車体は「S770」。積もった雪をものともせず、グングン進んでいきます。

除雪を開始!

自由に可動するシューターにより雪を好きな場所へ飛ばすことができるので、効率的かつ迅速に作業を進めることができます。

可動するシューターで好きな場所へ雪を排出

一度通っただけでこんなに綺麗に除雪できます

(左)除雪前/(右)除雪後

このスノーブロワーがあれば、憂鬱な冬の除雪作業もへっちゃらです!

Bobcatは、豊富な種類のアタッチメントが、一つの車体で使用できるのが特徴です。ご興味のある方は、当社ショールームにて実機も展示しておりますので、お気軽にお問い合わせください。事前にご連絡頂ければS770の試乗も承ります。


株式会社ティー・ワイは、
ボブキャットの正規代理店です

ボブキャットの車両販売・整備について

↑ページ先頭へ