株式会社ティー・ワイ(TY)TECHNICAL YIELD CO.,LTD.

株式会社ティー・ワイ(TY)TECHNICAL YIELD CO.,LTD.

Facebook
  1. ホーム
  2. TYマガジン
  3. 最新型ホイールローダー「WA480」を導入!そもそも、ホイールローダってなぁに?
718

最新型ホイールローダー「WA480」を導入!そもそも、ホイールローダってなぁに?

TY-MAGAZINE

この度、当社にKOMATSU製の最新型ホイールローダー「WA480」が導入されました。

そこで今回のTYマガジンは、ホイールローダーについてお話したいと思います。

ホイールローダーは、一度にたくさんの物をすくって持ち上げるのが得意な重機です。主に砂利や砕石などを、ダンプカーに積み込む際に使用されます。

大型バケットとアーム

今回導入した新型ホイールローダー「WA480」に付いているバケットは、大きく深さがあるため、一度に4.6立方メートルも運ぶことができます。
また、車体とバケットを繋いでいる強力なアームにより、バケットを4.5mもの高さまで上げることができるので、大型ダンプカーの荷台でも楽々と荷物を積むことができます。

ブルドーザーとの違い

見た目や性能で非常に近い重機に、「ブルドーザー」があります。

この2つの重機の大きな違いは足回りで、ホイールローダーはゴムタイヤ、ブルドーザーはクローラー(キャタピラー)という違いがあります。ゴムタイヤを装着しているホイールローダーは、公道をそのまま走ることが可能ですが、ブルドーザーは公道を自走することができません。

また、ブルドーザの前方には、バケットではなく深さの無いブレードが付いていることが多く、運ぶという作業よりは、土砂などを押し出すのが得意な重機となっています。

意外と速いホイールローダー。後進はもっと速い!

今回導入したホイールローダーは、こんなにも大きな車体ですが、35.4km/hものスピードを出すことが可能です。
しかも驚くことに、後進時にはそれをちょっとだけ上回る36.6km/hも出すことが可能となっています(共にカタログ値)。

新旧ホイールローダーの比較

上の2枚の画像は、これまで活躍してきたホイールローダー(2013年導入の2世代前の型)と、最新型を並べたものです。同じ型なので大きさはあまり変わりませんが、最新型のホイールローダー「WA480」は、車両後方にリアビューカメラがついているなど安全面も向上しています。

これまで大きなトラブルもなく、毎日たくさんの砂利や砕石を運んでくれたホイールローダー……本当にお疲れ様でした!


↑ページ先頭へ